金賞・エロス系作品賞BLACK|萌えゲーアワード 2019年度 受賞作品一覧

金賞・エロス系作品賞BLACK

Prison Queendom ~強制M男化調教~

Prison Queendom ~強制M男化調教~
オフィシャルサイトへ DMM.R18にて購入

金賞・エロス系作品賞BLACK

受賞コメント

どうも皆さん、はじめまして。ディレクターの亮精類です。
この度は『Prison Queendom』がエロス系作品賞BLACKを受賞したとの事で……嬉しさよりも先に驚きの方が強く、思わずドッキリかと思いました。
作った私が言うのも何ですが、この作品は完全なM男向け(逆転なし)のマニアックなゲームです。他の黒系作品と比べても違和感が……(汗
HERENCIAから発売しているモノは、私(亮精類)の性癖を元に作られたモノばかり。そしてHPでも書いていますが、実際にSM風俗などでインタビューをしたりして、よりリアリティさ、フェチズムを追求しています。そういった部分がプレイされた方に気に入って頂けて、この賞を取らせて頂いたと思うと、すごく嬉しく思います。
今後もこの勢いで……と言いたいところなのですが、私事で恐縮ではありますが、実は既に退職しており、HERENCIAは凍結状態です。
現在はルネソフトでゲームを幾つか作っており、その中には今作のような作品も含まれております。よろしければ是非そちらをご期待頂ければと思います。

講評

 アダルトな作品の特徴の一つであるエッチシーン。その中でも内容の濃厚さ、刺激の高いものを選定するのが「エロス系作品賞BLACK」の特徴であり、その大人が楽しむ過激なシチュエーションは多様化しており、毎年熱い協議が行われている。 その中でも本作はユーザーの「好き/嫌い」の意見が割れた作品であり、審査員からも様々な意見を交わされた上で受賞となった。 更生施設に潜入した主人公、そこは女性上位を絶対とした刑務所であり、ヒロイン達は軍服の様な姿で主人公を蔑み、言葉だけでなく暴力も駆使しながら様々な責めプレイをされていく、その行為は一方的であり、女性上位なシチュエーションが殆どで、また立場が逆転する事も無い。「ドM男子」をターゲットにした意欲的な内容が特徴だ。主人公が服従させられ調教・蹂躙される作品は過去にもあったが、全編にわたり一貫した逆凌辱が行われる本作はユーザーの「好き/嫌い」がはっきり分かれており、評価は様々だが、相手がしたい事を身体を使って受け止めるプレイの数々はなかなか見応えがった。こういう特殊なシチュエーションを楽しめるのもBLACKの醍醐味と言える。繰り返すが本作は「ドM男子」特化型作品なのでプレイの際は虐げられる体験を心から受け止めよう。

(デザインスタジオ威風堂 高木敬介)

魔法戦士エクストラステージ3 -引き裂かれた女神たち-

魔法戦士エクストラステージ3 -引き裂かれた女神たち-
オフィシャルサイトへ DMM.R18にて購入

金賞・エロス系作品賞BLACK

受賞コメント

Triangleです。
このたびは「魔法戦士エクストラステージ3-引き裂かれた女神たち-」を「萌えゲーアワード2019 エロス系作品賞BLACK」に選んでいただき、まことにありがとうございます。
弊社の「魔法戦士シリーズ」はユーザーの皆様の応援のおかげで、すでに18年以上続く長期シリーズとなっております。
本作は現在のところ同シリーズの最新作となっていますが、これからもまだまだ、ヒロインたちが変身し続ける限り、行く手を阻む悪の組織やあの手この手で彼女たちを辱めまくる手段を絞り出しながら、エロくて可愛い魔法戦士を世に送り出していきたいと思っております。
今度もTriangleをなにとぞよろしくお願いいたします。

講評

正義の変身ヒロインが敗北する――。正統派ストーリーに逆説を唱えたこのジャンルは一部から高い人気があり、本作はその方面からの熱い支持を受けての受賞となった。本作の魅力は傷付き倒れた敗北ヒロインが見せる痛々しい痴態と、抵抗むなしく凌辱され、心までも徐々に弱らせていく征服感であり、その散華する姿にプレイヤーは被虐の快感を体験する事が出来る。 本作は過去作に登場した二人のヒロインが登場し、片方は捕らわれ、もう片方は能力を制限されたハンデ戦を強いられる。凛々しかったヒロインが健闘空しく敗北する様はとてもいじらしく、その先にあるエッチシーンでの羞恥さがまた興奮度を盛り上げてくれるのだ。純真な変身ヒロイン達が持つ正義感を逆手に取られ、多人数相手に奉仕をしたり、異形な触手モンスターとのエッチや「変身中に攻撃される」というお約束に対するアンチテーゼな展開もあり、長年にわたって変身ヒロインのシリーズ展開してきたTriangleの拘りを強く感じる事が出来た。シリーズのエクストラエピソードとして描き、コミック感覚で楽しませてくれる本作を過去作も含め多いに楽しんで欲しい。

(デザインスタジオ威風堂 高木敬介)

家属~母と姉妹の嬌声~

家属~母と姉妹の嬌声~
オフィシャルサイトへ

金賞・エロス系作品賞BLACK

萌えゲーアワード2019 FANZA賞

受賞コメント

お世話になっております、BISHOPPです。
『家属~母と姉妹の嬌声~』がエロス系作品賞BLACK受賞とのこと、誠にありがとうございます!
いつもの学園モノとは舞台を変えて家庭内調教をネタにした本作ですが皆様から変わらぬご支持を頂けて大変ありがたく、そして嬉しく思っております。
ヒロイン達が家族愛を抱いているからこそ生まれる凌虐への強い抵抗と、それを超えて生まれる快楽にどんどん淫らになってしまう反応に力を入れた甲斐あって、本作は調教を受けて堕落するまでの過程が特にご好評頂けました。
一方で、修正パッチが必要な不具合を出してしまいプレイヤーの皆様にご迷惑をかけてしまったことは深く反省しております。
(この不具合は現在は修正パッチにより対応済みです)
本作の経験を胸に刻みつつ弊社一同精進を続けていく所存ですので今後のBISHOPにもご期待ください!

講評

濃密な淫猥さでユーザー人気の高いBISHOPブランドが今年も多くの支持を受けBLACK部門での受賞となった。選定の理由としてはシチュエーションやグラフィックの高さだけではなく、今回はヒロインとの関係性を広くカバーしたストーリー性が注目され、好評を得ていた。今まではOLや学園モノなどがお馴染みであったが、今回は同居している母姉妹がヒロインという「家族」をテーマにしており、親密な義理の家族を凌辱しつつも主人公の気持ちへ感化させていく、調教と寝取りを交えた展開が非常に楽しめた。エッチシーンのバリエーションも非常に豊富であり、器具を使ったハードプレイや羞恥を誘う調教、自分の父親に隠れて義母を寝取るなど、充分なボリュームでのめり込むことが出来た。エッチシーンでの濃厚さを重視するのがエロス系BLACK賞でのポイントではあるが、本作はヒロインの心理描写を巧みに誘導し、温かな家族を裏切る背徳さと、既に実父に裏切られた怨恨のバランスが非常によく出来ており、シーンの盛り上げに一役買っていた。BLACK賞では常連ブランドではあり、ファンには御馴染みのクオリティの高さもあるが、本作でより高いオリジナリティあるストーリーを楽しんで欲しい。

(デザインスタジオ威風堂 高木敬介)