萌えゲーアワード オフィシャルサイト

月間賞 歴代受賞作品一覧

萌えゲーアワード2019 月間賞受賞作品一覧


缶詰少女ノ終末世界

あーっ?(怒)。月間賞だぁ?
おう。もう一度、言ってみろ、あー? いいじゃねーか(ニッコリ)。
嬉しいじゃねーか。おめー、アレだ。乾杯だ、酒持って来いよ!
ストロングゼロだぞ、おい!
わかってんな!
いくぞ、おい!
かんぱ~い!
というわけで、ファック!

なんか、こう! 好き嫌いの別れそうなシナリオを書いてしまったな、という実感はあったので、まさか月間賞をいただけるとは思っていませんでした。支持してくださった方々ありがとうございます! 身内誉めは嫌なので細かくは書きませんが、そういうシナリオなのに、支持してもらえたのは、スタッフ全員が凄かったからだと思います! みんながんばった、本当に!
次は『泣く』をテーマに作品を作ってみたいなとぼんやりと思ってます。どうして人は泣くのか? 生物的な意味は? 社会的な意味は? 古代から現代まで人は泣くをどう定義してきたのか? 泣くということに、一歩も引かずに真正面から真剣にぶつかってみたいです! いつになるかわかりませんがよろしくお願いします!
(企画・シナリオ 渡辺僚一)

DMM.R18にて購入

オフィシャルサイトへ

pieces/渡り鳥のソムニウム

この度は月間賞にお選びいただき誠にありがとうございます。このタイトルは「今自分たちが作れる一番のシナリオ」をコンセプトにスタートした企画です。
昨今色んなジャンルのある美少女ゲームですが、今の我々だからこそ、今一番おもしろいと思えるものを作ろう。そんな思い込めて開発しました。
シナリオも長期に渡り打ち合わせを重ねて書き直したり、本当に今作っているものがユーザーの方達に受け入れられるのかという不安とも戦いながら、これまでで一番難産だったタイトルだったと思います。
それでも発売後の皆様の声を聴きながら、自分たちの目指そうとしていたものは間違っていなかったという気持ちと共に、ここをまたひとつのスタート地点としてこのブランドを育てていきたいという思いになりました。

改めて一緒に頑張ってくれた会社のスタッフ達、キャラクターに命を吹き込んでくれたキャストの皆様、楽曲で世界観を見事に表現してくれたたアーティストの皆様、そして最後までゲームをプレイしてくれたユーザーの皆様に感謝の気持ち をお伝えしたいです。
ありがとうございました!
(プロデューサー:アラガ—)

オフィシャルサイトへ

金色ラブリッチェ-Golden Time-

このたびは「金色ラブリッチェ-Golden Time-」が2月の月間賞をいただけましたこと、スタッフ一同たいへん嬉しく思っております。プレイしていただいた方、また投票していただいたユーザーの皆様に心より御礼申し上げます。
「金色ラブリッチェ-Golden Time-」はファンディスクにあたる作品です。本編「金色ラブリッチェ」で活躍したヒロインたちの新たなエピソードと、サブキャラながら人気のあったキャラの新規ルートを作成しました。
サガプラではファンディスクを作ることを積極的にしておりませんでしたので、製作にあたり不安要素はたくさんありました。本編で完結している物語に何か付け足すことが必要なのかどうか、作るとしても、どのような物語とボリュームが求められるのか、描ききらないことによってユーザーの皆様が想像し補完しているイメージを壊すことにならないか……etc. そんな中、シナリオライターのさかき傘さんから「やりましょう」と力強い言葉をいただき、原画、楽曲、その他たくさんのスタッフからの協力もありFDの製作が実現しました。
「金色ラブリッチェ」シリーズは「今を生きること」をテーマにした作品です。ゲームの物語が終わっても、主人公やヒロインたちは、きっと今を全力で生きているはずです。私たちも全力で頑張り続けます。今後も皆様の期待に応えられる作品を作り続けられるように。これからもSAGA PLANETSを宜しくお願いいたします。
(ディレクター:KURO)

DMM.R18にて購入

オフィシャルサイトへ

ソーサレス*アライヴ!~the World's End Fallen Star~

この度は『ソーサレス*アライヴ!~the World's End Fallen Star~』が萌えゲーアワード月間賞をいただけたということで、プレイしていただいた&応援していただいたユーザーの皆様に、心より御礼を申し上げます。ありがとうございます!
「お前が言うな」と言われそうではありますが、『ソサアラ』は精密な部品を組み上げた時計のような作品というよりは、各担当者がそれぞれ全力投球した結果として高めあった異形の作品だった、というのが本音です。
その熱量がプレイしたユーザーの皆様にも伝わったのが今回の評価だと思うので、関わったスタッフのひとりとして、とても嬉しいです!(シナリオ:LEGIOん)

月間賞ばんざーい! 萌え成分少なめの作品なのに、萌えゲーアワードの月間賞をいただいてしまい申し訳ないです。嘘です。申し訳なくないです。ただただ嬉しいです。
こちらの賞をきっかけに『ソサアラ』に触れる人が増えてくれることを祈りつつ、投票してくださった皆様には全力で感謝を! 本当にありがとうございました!(ディレクター:椎原旬)

大変難産な作品だっただけに、月間賞をいただけた事大変嬉しく思います。プレイしたユーザーの方の心になにか一つでもこの作品から残るものがあれば幸いです。多大なる応援ありがとうございました。また、制作陣のみなさま、本当に長い間お疲れ様でした。(プロデューサー:トクナガ)

DMM.R18にて購入

オフィシャルサイトへ