萌えゲーアワード オフィシャルサイト

投票する

投票したい作品を検索

作品名・ブランド・発売月のいずれかを入力、または各項目のリストメニューより選択し『この条件で検索』ボタンを押してください。


この条件で検索


検索結果

ぼくはこうしてオタサーの姫になりました

ブランド デジタルGパワー
発売日 2017/03/24 / DL版:2017/03/24
価格 ¥2,160(税込) / DL版:¥1,500(税込)
対応OS Windows Vista/7/8/10
メディア CD-ROM
年齢区分 18歳未満禁止
JANコード 4589913112285

原画 小宮山
シナリオ ヤタベトシキ
作品紹介

春―― 浅井光 は覚悟していた。 オタサークルに入ることを。
その頃 アニ研は行き詰っていた。 エロアニメのヒロイン役声優をゲット出来ないことで。
新入生の浅井光は大学入学を期にオタ系サークルへ入ろうと、アニ研を見学する。
そこに居たのは、いかにもな 3人。
細身でロンゲのワタナベ、 ぽっちゃり体型のクボカワ、 怪しさ満点のナカタ。
「我輩たち、ちょっと席外すから待ってて」
光が入会をためらっていると、不意に3人は揃って部室から出て行ってしまう。
残された光は好奇心から部室を見回し…… コスプレ衣装を見つける。
「その服、きっ着てみてもいーよ」
タイミング良く戻ってきた3人はイヤがる光を無理やり裸にして……
「お前オトコだったのか!?」
「こんなに可愛い娘が、女の子のワケないじゃないか!」
なんと三人がかりで押し倒してしまった!
……そして、
「頼む! ヒロインの声優やってくれ!」
「いやです! ボク男なのに」
(待てよ、このアニメの内容マネれば、最後は姫になって先輩たちへやり返せる!)
「……分かりました」
「っしゃぁッ! 肉便器ゲットぉッ!」

それからは “演技指導” の名目で犯されまくり!
はたして光は(オトコなのに)オタサーの姫になれるのか?