萌えゲーアワード オフィシャルサイト

投票する

投票したい作品を検索

作品名・ブランド・発売月のいずれかを入力、または各項目のリストメニューより選択し『この条件で検索』ボタンを押してください。


この条件で検索


検索結果

神様のしっぽ ~干支神さまたちの恩返し~

ブランド DESSERT Soft
発売日 2020/01/31
価格 ¥10,450(税込)
対応OS Windows 7/8.1/10
メディア DVD-ROM
年齢区分 18歳未満禁止
JANコード 4941463003008

原画 憂凪あまね 狐ノ沢 YU-TA ひなたもも Go-1 野愛におし(SD)
シナリオ 夜明瑠璃 森間まりも ヴィシル 鬼ごはん
作品紹介

日本の片田舎に、十二支を祀る神社があった。
その神社の名前は、天部神社。
神様が見守る町――天部町。

そこに住む青年「天部 秋成」には、誰も知らない不思議な力があったのじゃ。
それは、動物の言葉を理解できるという力。
人一倍動物好きな彼はその力を使い、楽しい毎日を送っておった。

しかし、そんな日常はある日を境に一変する。
神社の倉庫で見つけた謎の石盤に何気なく宝珠をはめると、次々に異変がーー。

神社から突如として消えた十二支像。
それと入れ代わるように現れた十二支の少女たち「干支神」さま。
ひょんなことから、そんな彼女たちと奇妙な共同生活を始めることに。

じゃが、秋成と彼女たちは “人” と “人ならざるもの” 。
その関係に戸惑いながらも、
動物好きな彼は少しずつ彼女らと仲良くなっていく。

二人だけだと広すぎた浅葱家の食卓。
そこをみんなで囲みたいという幼馴染「浅葱 蓮華」の願い。

人一倍『本物の家族』に強い思いを持つ秋成は、その言葉を聞き、
みんなと『家族』になりたいと決意するのであった。

もし、もしもじゃ。

十二支誕生のお話に続きがあったとしたら
万に一つの奇跡が起きて
十二の干支神が “人” の身体を持ったとしたら……
果たしてどんな日々になるのじゃろうな。

これは、そんな奇跡のような出来事を綴った物語。

さあ、幕開けの時じゃ。
十二支とのおとぎばなしのはじまり、はじまり――