萌えゲーアワード 2011年度 受賞タイトル発表

萌えゲーアワード 2011年度 受賞タイトル発表

萌えゲーアワード2011 ロープライス賞受賞作品

ロープライス賞金賞 神楽早春賦

でぼの巣製作所のブランドデビュー作『神楽道中記』から制作されてきたローグ型RPG。プレイするたびダンジョンが変わる、コンシューマでは珍しくない仕組みですが、美少女ゲームでは珍しいタイプです。金賞となった『神楽早春賦』はそのシステムを受け継ぎ、物語は『神楽幻想譚』のスピンアウト。ロープライスとしての投票が最も集まりましたが、「純愛」「プログラム」「キャラデザ」とほぼ似た数字を残しています。毎年、コンスタントに作品をリリース、確実にユーザーがついていることが伺えます。『神楽』シリーズを継続していることも安定感を支える要因。登場する妖怪とのHシーンは全て収録する等、求められる内容を満たし、また登場キャラクターをアイテムとして使えるといった新しいギミックを入れるなど、継続性と新規アイディアが評価されました。
なお、銀賞の『女装山脈』は大いに話題になり、一時期品薄となったタイトル。詳しい内容については「話題賞」をご確認ください。

(PCpress編集部 編集長 津田 清和)

神楽早春賦

受賞タイトル一覧

【金賞】神楽早春賦(でぼの巣製作所)

【銀賞】女装山脈(脳内彼女)


萌えゲーアワード