大賞・準大賞|萌えゲーアワード 2018年度 受賞作品一覧

萌えゲーアワード2018 大賞

Summer Pockets

Summer Pockets

萌えゲーアワード2018 大賞

金賞・ユーザー支持賞

萌えゲーアワード2018 店舗賞

受賞コメント

この度は萌えゲーアワード2018の大賞を「Summer Pockets」で受賞できましたこと、スタッフ一同、心から喜んでおります。
これも偏にSummer Pocketsに触れていただいたユーザーの皆様、販売までご協力いただきました流通様、ショップ様、雑誌社様、その他大勢のご助力のおかげだと感謝しております。

奇しくも今年で20周年を迎えるKeyの節目となるタイトルとして、胸を張れる結果を得られたことも嬉しく思っております。 PCゲームとして泣きゲーというジャンルを作ってきたKeyですが、その初心は常に忘れておらず、今回のSummer Pocketsも、やはり触れていただいたユーザーの皆様の涙無しではプレイできないクオリティをめざし、その期待にも応えられたと感じています。

平成が終わり、令和が始まりましたが、Summer Pocketsは「懐かしい平成」を色濃く残せる夏を描きました。
皆様に支持いただきました本タイトルは、Keyの大切なコンテンツとしてこれからも様々な展開をまいります。

受賞にあたり、投票して下さいましたユーザー様、選考していただいた関係各位の皆様方の期待を裏切ることの無いよう、選んで良かったと思っていただけるよう、
Summer PocketsをKeyでも盛り上げてまいります。

21年目のKeyをこれからもよろしくお願いいたします。

Keyスタッフ一同

講評

いわゆる「泣きゲー」の代表格的ブランド・Key。その最新作『Summer Pockets』は、人気シナリオライター・麻枝准氏の原案である事や、新たに人気クリエイターが多数参加した事など、発表当時から色々話題を集めた作品だ。それだけにファンの期待のハードルも高かったが、蓋を開けてみればKeyらしさが遺憾なく発揮された、紛うことなき名作だった。人気絵師が集結して描く魅力的なヒロイン。存在感抜群の男キャラたち。思わずハマってしまうミニゲーム。そして感動的なストーリー…。まさにKeyらしさが詰まった作品だ。特筆すべき点が2点。まずKeyと言えば音楽。作品の空気感を見事に表現した美しいBGMは、素晴らしいの一言。そしてシナリオの感動を増幅させるボーカル曲は、まさに圧巻。大賞・金賞を受賞したため叶わなかったが、審査委員の間では主題歌賞に推す声も多かった事を付け加えておきたい。そしてもう1点は、ヒロインの個別シナリオも感動的だが、さらにその先にあるグランドルート。詳しくいストーリーはネタバレになるので書かないが、ハンカチ無しには読み進められない。これぞ泣きゲー、Keyらしさの真骨頂だ。昔からの泣きゲーファンはプレイ必須。あの頃の感動が鮮明に甦る事間違い無しだ。そしてTVアニメ等で最近Keyを知った若い人たちこそ、是非本作をプレイして欲しい。様々なメディアミックス展開をしているKey作品だが、PCゲームはその原点。今までにないプリミティブな感動が、きっと味わえるはずだ。

(BugBug編集部 編集長 大澤 忠基)

DMM.R18にて購入 オフィシャルサイトへ

受賞タイトルの中から、DMM.R18におけるダウンロード販売数が特に優れていたタイトルに株式会社DMM.com様より贈られます

萌えゲーアワード2018 準大賞

ランス10

ランス10
オフィシャルサイトへ

萌えゲーアワード2018 準大賞

萌えゲーアワード2018 DMM賞

受賞コメント

萌えゲーアワード準大賞、誠にありがとうございます。
『ランス10』が多くの方に支持していただけたこと、大変嬉しく思っております。
平成元年から始まった「ランス」がこれまでシリーズを重ねられたのは、これまでたくさんの方々が支えて下さった結果であり、シリーズ完結作が無事世に出せたこと、そしてその「ランス10」に良い評価を多くいただけたこと、心より感謝申し上げます。
「ランス10」にてランスシリーズは完結しましたが、アリスソフトはまだまだエロゲーを作ってまいります!引き続き、応援のほどよろしくお願いします。

もし、「ランス10」で初めてランスシリーズをプレイされた方や興味を持たれた方がいらっしゃれば、シリーズに登場する多くのキャラ、エピソードなどを知っていると、エンディングでの感動がケタ違いですので、「ランス9」「戦国ランス」などの過去作もぜひ!(宣伝)

講評

実は審査委員会で最初に出たのも、「『ランス10』をどの賞にするか?」という話だった。ユーザー投票ではもっと上位の作品もあったが、やはり本作は2018年を代表する作品であり、これ迄のシリーズの業界に対する功績を考えても、何か相応しい賞を与えたい。皆がそう考えていた結果、本作の準大賞が決まった。魅力的なキャラクターや遊び応えのあるゲーム性など、推し所が山ほどある本作だが、特に凄いのがシナリオ。1989年から続くシリーズの長い長い物語がクライマックスを迎え、圧倒的なスケールとボリュームで描かれる世界観が見事にまとめあげられるのを目の当たりにする感動は、もはやゲームの枠を超越。伝説・サーガが誕生する瞬間に立ち会う、歴史的感動とさえ言えるほどだ。長寿シリーズの宿命として、前作までを予習するのが大変というのがある。しかしプレイしながらHPや本で調べるでも良いので、とにかくまずは本作をプレイして欲しい。映画でいきなりシリーズの完結編から観るようなものだが、それでも歴史に立ち会える感動が勝るはずだ。平成が終わって令和となり、新時代が始まった。29年に渡るランスシリーズが完結したのも、一つの時代が終わったと言えるだろう。新しい時代と、新しいアリスソフトに期待したい。

(BugBug編集部 編集長 大澤 忠基)

真・恋姫†夢想-革命- 孫呉の血脈

真・恋姫†夢想-革命- 孫呉の血脈

萌えゲーアワード2018 準大賞

萌えゲーアワード2018 店舗賞

受賞コメント

この度は『孫呉の血脈』が萌ゲーアワード準大賞を頂き、誠にありがとうございます! プレイし応援して下さいましたユーザー様に心より感謝致します。

革命シリーズ二作目である『真・恋姫†夢想-革命- 孫呉の血脈』は、スタッフ皆で悩み考えた末に数々の新しいことに挑戦したタイトルでした。「真・恋姫†無双」という作品が既にある中、新しいキャラクターをメインに据えること。新たな外史を生み出すこと。必ず喜んでいただけると信じてはいましたが、多少の不安がなかったかというと嘘になります。
そんな中、こちらの賞をいただけたということは、皆さんに受け入れていただけたのだと本当に嬉しく思っています。

今年はいよいよ、革命三部作の集大成『劉旗の大望』が発売となります。
今後とも応援よろしくお願い致します!

講評

『真・恋姫†夢想-革命-』は、「恋姫†夢想』のシリーズ10周年を記念して、最高傑作である『真・恋姫†無双』の魏・呉・蜀、各ルートをそれぞれ一つの作品として再起動したシリーズ。本作『孫呉の血脈』は呉を舞台とした、その第2弾だ。要はリメイクなのだが、元からボリュームが凄いのに、さらに新ヒロインや新エピソードをドドッと追加しているので、3作に分けても十分過ぎるほど大作。各ルートごとにストーリーの最初からより深くシッカリと描かれているので、今作から『恋姫』シリーズに初めて触れる人でも、十分楽しめる作品になっている。従来からの『恋姫』ファンで一番気になるのは、本作で新たに追加されたヒロイン5人だろう。中でも呉を建てた英雄・孫堅の登場は、三国志ファンには嬉しいはず。『恋姫』と言えば、諸葛亮孔明の「はわわ」を筆頭に、歴史上のイメージを覆すような萌え要素を追加して描く、キャラクターデザインが一番の魅力。他にも太史慈や魯粛など、新たに追加された人気武将たちが、どのような萌えヒロインに描かれているか、楽しみにプレイして欲しい。2019年の夏には三部作の完結編、蜀を舞台とした「劉旗の大望」がいよいよ発売される。人気の蜀編だけに、こちらにも期待したい。

(BugBug編集部 編集長 大澤忠基)

DMM.R18にて購入 オフィシャルサイトへ

ラズベリーキューブ

ラズベリーキューブ

萌えゲーアワード2018 準大賞

主題歌賞

受賞コメント

今年も呼んでいただいたのでやって参りました、どうもまどそふとです。
この度は『準大賞』、『主題歌賞』と2つの賞に選出いただき、誠にありがとうございます。
この場をお借りして、制作に携わったスタッフ、並びに応援いただいたユーザーの皆様に改めて感謝申し上げます。
8/29にはラズベリーキューブのCS版も発売予定ですので、そちらもどうぞよろしくお願い致します。

現在、まどそふとでは水面下で様々な企画が進行中です。
こうして書いている今も、今後のスケジュールを想像して震え上がっています。おかしいな、季節的には暖かくなってきているはずなんですけどね。
早ければ夏頃には一部情報も発表できるかと思いますので、今しばらくお待ち下さいませ。
もし音沙汰がないようでしたら、優しい目で見守りつつオラたちに力を分けてください。

業界を盛り上げる一端を担っていけるよう努力して参りますので、これからもまどそふとをよろしくお願い致します!

講評

一昨年には『ワガママハイスペック』が大賞・金賞を、昨年にはその続編『ワガママハイスペックOC』がファンディスク賞を受賞した、まどそふと。その最新作『ラズベリーキューブ』は、見事準大賞となった。「可愛いヒロインとの恋愛」をストレートに押し出したとメーカーが言う通り、本作の最大の魅力は、可愛いヒロイン。学園や街を舞台に、“ミステリアスな完璧系生徒会長”“わんこ系農業ガール”など、4人の個性的でキュートなヒロインたちと、明るいラブコメ&濃厚なイチャラブHをたっぷり楽しめる。その恋愛の楽しさに没頭できるのは、総合的な完成度の高さがあってこそ。ノリノリでテンションが上がるオープニング。ポップでセンス溢れるグラフィック。楽しい掛け合いを増幅させてくれる心地良いBGM。ストレスを全く感じさせないシステムと演出。そして安心して楽しめ軽快に読み進められるシナリオ。全てにおいて最高レベルなクオリティを誇る環境があってこそ、可愛いヒロインたちとのラブコメに没頭できるのだ。本作のグラフィックを見てヒロインにグッと来たら、是非本作をプレイすべき。最高級の「可愛いヒロインとの恋愛」が楽しめる事請け合いだ。

(BugBug編集部 編集長 大澤忠基)

オフィシャルサイトへ