金賞・フェチ系作品賞|萌えゲーアワード 2015年度 受賞作品一覧

金賞・フェチ系作品賞

Maggot baits

Maggot baits
オフィシャルサイトへ DMM.R18にて購入

金賞・フェチ系作品賞

受賞コメント

沢山あるエロゲーの中から「Maggot baits」に投票してくださった皆様、ありがとうございました!

更にフェチ系作品賞を受賞とのことで、大変うれしく、光栄に思っております。「Maggot baits」は人外・リョナ・触手・ふたなり・ハードボイルド・男同士の戦いと、いろいろな嗜好を自由に詰め込んだフェチの極みのようなニッチなタイトルですので、感慨もひとしおです。

そんなとがった要素を満載にしながらも、熱く重厚なシナリオでまとめられた味わい深いエロゲーとなっておりますので、未プレイで気になった方がいらっしゃいましたらこの機会にぜひ、お手に取っていただければ幸いです。尖がった要素を多少マイルドに描写する各種設定も取り揃えております。

自由気ままなゲーム作りでユーザーの皆様に「大丈夫なの?」と心配されることも多いCLOCKUPですが、意外と大丈夫です。今の所は。これからも大丈夫な範囲内で楽しく・エロく・ヌけるゲーム作りを心がけてまいりますので、今後とも応援よろしくお願いいたします!

講評

18禁ならではの作品……それが「Maggot baits」である。
 本作では「邪法街」という法の手の届かないアンダーグラウンドな街で、そこに存在する魔女や街の謎を暴いていく。
 一見、エロ・グロシーンのオンパレードかと思いきや、主人公やヒロインのストーリーも丁寧に描かれており、バトル・エロ・シリアスも切り替えが非常に読みやすく、シナリオのバランスが絶妙であった。それぞれに無駄なシーンが何一つなく、通常であれば割愛されるであろう場所にちゃんとエロ・バイオレンスシーンが入っており流石CLOCKUPと言わざるを得ない。
 しかしながら、人体改造/破壊はもちろん、えげつない描写もどんどん出てくるので万人にはお勧めすることが難しいかもしれないが、バイオレンス作品に耐性がある方は是非最後の最後までプレイしてほしい。何故なら「Maggot baits」は間違いなく純愛作品だからである。

(電脳妄想開発室 Ayumi.)