大賞・準大賞|萌えゲーアワード 2015年度 受賞作品一覧

萌えゲーアワード2015 大賞

サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-

サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-

萌えゲーアワード2015 大賞

金賞・ユーザー支持賞

受賞コメント

こんにちわ枕です。すかぢです。

このたびは萌えゲーアワード大賞誠にありがとうございます。これもひとえに応援してくださったユーザーの皆様のおかげでございます。

「サクラノ詩が出たら俺エロゲ引退するだ」という言葉まで囁かれた、死亡フラグのごとき作品ですが、まだまだ終わりません。

本作品はサクラノ詩として完結しておりますが、現在、続編であるサクラノ刻を鋭意制作中でございます。この二作品は双子の様な存在でして、互いに違った良さが出ることと信じております。

それではエロゲーユーザーの皆様、サクラノ刻でお会いしましょう。引退すんな!

講評

今年の萌えゲーアワード大賞・金賞は、満場一致で『サクラノ詩 -櫻の森の上を舞う-』に決まった。
 そもそも本作は、話題に事欠かない作品だった。まず、最初の2004年春の発売予定から、紆余曲折を経て11年越しに発売された事は、ネット等でもかなり話題になった。
 作品の舞台は、「千年桜」という伝承が残る街。そこで学園に通う主人公・草薙直哉は世界的な画家の息子で、天才的な絵の才能があるが、現在は筆を絶っていた。そんな無気力な直哉だったが、父親の死や幼なじみだった少女との再会をきっかけに、学園の美術部に通う事になり、物語は動き出していく。
 基本的には、絵画をモチーフに描かれる青春物語だ。曲者揃いの個性的なキャラクターや、透明感のある美麗なグラフィック、エンディングごとに挿入されるボーカル曲など、作品全体に独特の雰囲気があって素晴らしい。
 しかし何と言っても、圧巻なのはシナリオだ。すかぢ氏が紡ぎ出すテキストは、まさに唯一無二。絵画や詩など現実の芸術作品を引き合いに出しながら、「すかぢワールド」へと引き込んでゆく。主人公たちの芸術・青春・恋などの日常から、やがて物語は人生観や死生観まで昇華していく。もはや「萌えゲー」の枠を超えた、桁違いの感動を与えてくれるのだ。
 時代を超えた、紛れもない名作。そんな伝説級の作品を、同時代にプレイ出来る事を喜ぼう。

(BugBug編集部 編集長 大澤 忠基)

DMM.R18にて購入 オフィシャルサイトへ

萌えゲーアワード2015 準大賞

見上げてごらん、夜空の星を

見上げてごらん、夜空の星を

萌えゲーアワード2015 準大賞

受賞コメント

PULLTOPです。
今回は、このような素晴らしい賞をいただけたこと、心より感謝申し上げます。
これもひとえに、応援していただいている皆様のおかげだと感じております。

『見上げてごらん、夜空の星を』は、萌えゲーアワード2012にて大賞をいただいた『この大空に、翼をひろげて』とは、また違った青春物語へのアプローチをということで、同じ空という題材の中でも「星空」という言ってしまえば地味なテーマをメインに扱っています。
逆に言えば「星を見る、ただそれだけで楽しい」という純粋な気持ちを届けることができるのではないかと思い制作してきましたが、今回もこうしてみなさまに沢山のご声援と高い評価をいただけてそれが叶いとても嬉しいです!プレイすると、ちょっとだけ夜空を見上げてみたくなる、そんなタイトルになったと思います。

ちょうどもうすぐ、青春の「その後の物語」である『見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS』が発売されます。こちらも自信を持ってお届けできる内容になっていると思いますので、この受賞を機に興味を持たれた方は是非チェックしてみてください。

今後もPULLTOPは色々と新しく楽しいことにも挑戦していきたいと思っていますので、どうか応援よろしくお願いいたします!

講評

2012年度の大賞・金賞を受賞した『この大空に、翼をひろげて』・通称『ころげて』のスタッフが再集結した話題作。
『ころげて』は、グライダーで空を飛ぶ事を目指すソアリング部が舞台だったが、今回の『みあげて』の舞台は天文サークル。大流星群を見るために、主人公とヒロインたちが一つになって、邁進してゆくのだ。
 同じ「空」を舞台にした青春ストーリーという事で、当然ユーザーのハードルも高くなるわけだが、心配ご無用。夜に煌めく星々の美しいグラフィックを筆頭に、臨場感のあるバイノーラル録音など、相変わらずのきめ細かい丁寧な作りで描かれた青春群像劇は、サスガの一言だ。
 特に本作では、主人公とメインヒロインたちとの幼い頃がシッカリ描かれているのが素晴らしかった。過去と現実とのギャップや、切ない三角関係…等々。登場人物たちの青春がよりリアルに描かれていて、その分感動も倍増なのだ。
 この春には、FD『見上げてごらん、夜空の星を FINE DAYS』も発売される。ヒロインたちとの本編エンディング後のストーリー等が楽しめるとの事。お得な本編同梱版も発売されるので、『みあげて』ワールド未体験の人はこの機会に是非!!

(BugBug編集部 編集長 大澤 忠基)

DMM.R18にて購入 オフィシャルサイトへ

花咲ワークスプリング!

花咲ワークスプリング!
オフィシャルサイトへ DMM.R18にて購入

萌えゲーアワード2015 準大賞

金賞・主題歌賞

 

受賞コメント

準大賞と主題歌賞という素晴らしい賞を頂き、とても嬉しく思っています!応援して頂いた皆様のおかげです…ありがとうございます。今苦しみながら新作を制作しているスタッフも凄い勇気をもらいました。新作も頑張れそうです。花咲ワークスプリング!をつくって良かった~。制作に関わって頂いた皆様にも感謝です、一緒に喜びたいです。
 このゲームは、サガプラ作品では割といつもあった「少し不思議」要素がゼロの作品でした。その代わりに「青春・子供と大人の境界線・くだらなく、かけがえのない日常・仲間・今この瞬間を楽しむ」といった部分にウェイトを置きました。さらに過去作の反省点を活かそうとした現場の思いも重なり、その熱が作品に反映されたと思っています。
 それにしても作品を良く表現した素晴らしい主題歌でした。こちらの無茶な発注を山口朗彦さんがカタチにし、片霧烈火さんと鈴湯さんが見事に歌い上げて頂きました。初ライブが成功したのもこの曲のおかげです! あと音楽と絵を融合させたOPムービー制作のyo-yuさんも主題歌の印象づけが素晴らしかったです。
 現在、新作制作中ですのでそれもまた応援よろしくお願いします!!

(コメント:代表ふる)

講評

幽霊部員が集う「幽霊部」の活動をもとに、主人公やヒロインたちの学園生活を描く、いわゆるキャラ萌えゲームである本作。魅力的なキャラクターたちとの楽しい掛け合いや、萌える日常シーン、そしてもちろん可愛いヒロインとのイチャラブに、プレイしていてニヤニヤしちゃう事請け合いだ。
 キャラ萌えといえば、最近のPCゲームでは一番主流のジャンル。しかし意外にアワードでは、尖った部分に評価が集まるからか、その手の作品が大賞・準大賞に選ばれる事は少なかった。本作はキャラクター・シナリオ・演出等、全てにおいて非の打ち所がなく、完成度が非常に高い作品だった事が評価され、見事準大賞となった。
 SAGA PLANETSのファンは、若いユーザーが多いと聞く。先日の新作発表イベントでも、クラウドファンディングなど新しい試みを導入し、それに応えるかのように若いファンが大勢詰めかけていた。
 本作は、そんな若い多くのユーザーに支持されている、まさに今を代表する「萌えゲー」と言える。これからPCゲームをプレイする新規ユーザーにオススメしたい作品だ。

(BugBug編集部 編集長 大澤 忠基)

受賞タイトルの中から、DMM.R18におけるダウンロード販売数が特に優れていたタイトルに株式会社DMM.com様より贈られます