大賞・準大賞|萌えゲーアワード 2016年度 受賞作品一覧

萌えゲーアワード2016 大賞

ワガママハイスペック

ワガママハイスペック

萌えゲーアワード2016 大賞

金賞・ユーザー支持賞

受賞コメント

みなさまこんにちは。まどそふとです。
この度は2016年ユーザー支持賞をいただき、身に余る光栄でございます。
恐らくユーザー様のなかには「え、ワガハイがユーザー支持賞と大賞?」と驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
あのですね、おそらくこの世界で一番そう思っているのは、他ならぬ我々です。 え? 本当にいいですか? もらっちゃいますよ? いいんですね? あとで「集計ミスだったからやっぱりナシで」と言われても返してあげませんからね!

……そもそも、我々が作っているようなゲームは「消費され、忘れ去られていくもの」です。クリアしたら翌月には棚のオブジェになっている類のゲームです。キャラ萌えゲーって本来そういうその場その場の楽しさを提供するものだと思っています。
でも、それが今回このような賞をいただけたということは、ユーザーの皆様の心に、わずかなりとも「何か」を残せたということだと思います。それは何ものにも代えがたい喜びです。ご支持くださったユーザーの皆様、本当にありがとうございます。
現在『ワガママハイスペック』の続編『ワガママハイスペックOC』を鋭意制作中です。今後ともまどそふとをよろしくお願いいたします。

講評

2016年のPCゲーム業界は、若いブランドの勢いを感じる1年だった。HARUKAZEの『ノラと皇女と野良猫ハート』、Loseの『まいてつ』、RASKの『Re:LieF ~親愛なるあなたへ~』、等々。それ等の作品から大賞に推す声もあった。そんな若いブランドの勢いを最も感じさせた、まどそふとの『ワガママハイスペック』に決まった。
漫画の原作者として活躍する主人公と、その漫画を描く美少女生徒会長。さらには副会長の金髪ツンデレ、ぐーたら天才妹、小悪魔な幼馴染の後輩と、ヒロインは全員キャラが立ってて魅力的。しかも全員巨乳(妹を除く)で肉感ムチムチ。シナリオもどの子にも山場があって感動させつつ、後半はイチャラブ満載でHシーンも超濃厚。要するに全てのバランスが取れていながら、どの要素もレベルが高いのだ。この全てがバランス良くハイレベルというのは、最近売れた作品の特徴だが、中でも本作は一歩抜き出ていた印象。これからPCゲームを始めるという人に、自信を持ってオススメ出来る作品と言える。
そして最も審査員に評価されたのは、TVアニメ化を筆頭に、イベントやキャンペーンやメディア展開など、ファンやユーザーを常に飽きさせず盛り上げていた事。特にソーシャルメディアをメインにメーカーとファンが一体になって盛り上がっていく姿は、今後のPCゲーム業界の理想的な在り方を感じさせる。
この夏には、待望の続編『ワガママハイスペックOC』が発売される。原作をプレイし、メーカーやファンと一体になって、続編を楽しみに盛り上げる。そんな萌えゲーの「今」の魅力を味わう、絶好のチャンスだ。

(BugBug編集部 編集長 大澤 忠基)

オフィシャルサイトへ

萌えゲーアワード2016 準大賞

まいてつ

まいてつ
オフィシャルサイトへ

萌えゲーアワード2016 準大賞

シナリオ賞

受賞コメント

Loseです。
この度は、萌えゲーアワード準大賞受賞とのこと誠に有難う有り難く存じます。投票していただいた皆様に心より感謝申し上げます。
前作『ものべの』で評価いただけた要素を伸ばしつつも「鉄道」という新要素と絡めたことで、新規層にもアピール出来たのが良い結果に繋がったと考えております。また、プレイ後、SLに乗りたくなったと言っていただけ、また実際に旅行に行っておられるユーザー様も多く、プレイされた方の生活にプラスの影響があったならば、とても嬉しいことだと感じます。
この好評をうけ、現在、続編の製作を始め、様々な展開を予定しており、まだまだ『まいてつ』レールを伸ばしていく所存ですので、今後もLoseにご期待いただけますと幸喜に存じます。

講評

審査委員会で大賞に推す声も多かった本作は、アダルトゲームならではの尖った内容や新しい刺激が満載。
まずは全編を通してキャラが動きまくる、E-moteの演出は必見。立ち絵はもちろんイベントシーンでもヌルヌル動き、まるでTVアニメを観ているよう。Hシーンでも表情から腰使いまで動きまくりで、破壊力抜群だ。
シナリオやキャラクターも最先端の魅力を放つ。特に、鉄道オタク要素と、美少女型の端末・レイルロオドという萌え要素とをクロスさせた、オリジナリティ溢れる設定や世界観は、ファンタスティックで圧巻。ちなみに鉄道系の専門用語は、キャラが説明してくれるTipsがあるので安心だぞ。
普通は店舗特典として提供されるグッズを、ショップ限定商品として販売する、業界初の試みも話題を呼んだ。他にも、ファンと本物の貸切列車に乗るイベントや、追加Hシーンが楽しめるアペンドパッチを連続配布するなど。独創的だが満足度が高いサービスは、ファンから高い評価を受けている。
そして何より凄いのは、それだけ尖った作品でありながら、癒される作品であること。最先端の「萌え」をライブで体験できる、日本に生まれた素晴らしさを噛みしめよう。

(BugBug編集部 編集長 大澤 忠基)

戦国†恋姫X ~乙女絢爛☆戦国絵巻~

戦国†恋姫X ~乙女絢爛☆戦国絵巻~
オフィシャルサイトへ

萌えゲーアワード2016 準大賞

受賞コメント

萌えゲーアワード準大賞、誠にありがとうございます。
このように栄(は)えある賞を頂けましたのも、プレイして下さったユーザー様、販売にご協力下さいましたショップ様、流通様、告知に協力して下さいました雑誌社様、ウェブ媒体の皆様のお力添えあってこそです。
この受賞を励みにし、更に精進を重ね、業界の皆様に笑顔になって頂けるような作品を、今後も制作していきたく思います。
今後とも応援よろしくお願い致します。

講評

本作は、あの三国志の武将が美少女になってジャンルを超えて話題となった『恋姫†夢想』の系譜に連なる作品。舞台が中国の三国時代から日本の戦国時代へ変わり、ヒロインも三国志の武将から日本の戦国時代の武将に。また本作は2013年末に全年齢版で発売された作品が、R-18版にパワーUPされたものだ。
その進化具合が半端ない!! さらに多くの新武将が加わり、ヒロインは何と総勢54名。シナリオ容量は2倍以上、総CG数は270枚と、まさに超大作になっているのだ。もちろんR-18版になった目玉のHシーンは超充実で、多彩なプレイが堪能できるぞ。
しかし何と言っても最大の魅力は、個性的な戦国武将ヒロインたち。織田信長、武田晴信といった超有名武将たちから、ニヤリとできるマニアックな武将まで。「そう来たか!!」というキャラ設定やビジュアルと、日常での楽しい掛け合いに、時が経つのを忘れてしまう。豪華なボイス陣も声優ファンは必聴。実績あるキャラクターデザインは、まさしく天下一品だ。
7月には『恋姫†夢想』シリーズ最新作『真・恋姫†夢想 -革命- 蒼天の覇王』が発売される。広がり続ける『恋姫』ワールドの魅力を是非体感しよう。

(BugBug編集部 編集長 大澤 忠基)

受賞タイトルの中から、DMM.R18におけるダウンロード販売数が特に優れていたタイトルに株式会社DMM.com様より贈られます

千恋*万花

千恋*万花
オフィシャルサイトへ

萌えゲーアワード2016 準大賞

受賞コメント

この度は、弊社作品『千恋*万花』が準大賞に選ばれたとのことで有難うございます。
突然の受賞報告に驚きましたが、たくさんの方が当作品に投票してくださったことは、大変嬉しく思っております。
これからも多くの方に喜んでいただけるような作品作りを続けて参りたいと思っておりますので、今後とも是非ゆずソフトをよろしくお願いいたします。

『千恋*万花』ディレクター・Famishin

講評

若いファンを中心に、絶大な人気を誇るゆずソフト。その最新作が、準大賞に輝いた。
可愛くて魅力的なヒロイン。バトルやシリアスもあり読ませるシナリオ。ニヤニヤが止まらない楽しいキャラの掛け合いと、イチャラブ度満載な恋愛模様。美麗なグラフィックと、心地良い音楽。そして肉感的で実用度満点なHシーン。あらゆる面においてハイクオリティで、安定感・安心感抜群なのが、ゆずソフト作品の特徴だ。
特に本作からフルHD化されたグラフィックの美しさは、目を奪われること必至。常に最高級のクオリティをファンに提供しようと進化し続けるブランドの姿勢は、素晴らしいの一言だ。
サイトの公開と同時に店舗特典の完成絵を公開するなど、シッカリした広報展開も審査委員会では高く評価された。早期予約キャンペーンなども多い昨今、ファンにはありがたかったに違いない。作品内容のみならず、全てにおいてユーザー目線だからこそ、確固たる人気を築いているのがよく分かる。
さすがは萌えゲーブランドの代表格。プレイしておいて間違いのない決定版だ。

(BugBug編集部 編集長 大澤 忠基)