金賞・主題歌賞|萌えゲーアワード 2016年度 受賞作品一覧

金賞・主題歌賞

枯れない世界と終わる花

枯れない世界と終わる花

金賞・主題歌賞

受賞コメント

この度は『ISLAND』の主題歌「Traveler’s tale」が萌えゲーアワード主題歌賞という大変栄誉ある賞をいただきまして、とても嬉しく思っております。作品を支えてくださった流通様、販売店様、そしてユーザーの皆様にスタッフを代表して、心より感謝申し上げます。
ゲームにおけるOP曲は作品のイメージを印象付ける重要なものなので、作品と綿密にリンクした感情移入できるものにしたいと考えています。ですので作詞は作品にもっとも理解のある人ごぉさんにお願いしました。
OPだから明るく! みたいなことにはせず、『ISLAND』の世界を最大に引き出すために、キャラクターの想いを感じ入るような曲を形にしてくださった藤田淳平さん。
シナリオ作ってる最中から、『ひまわり』のOPを聞いてから『ISLAND』のOPはriyaさんに是非歌って欲しいと思っていたのが実現しました。ゲームのことを思い出しながら聞くと、せつなとりんねたちのことが思い起こされて、切なくも胸の締め付けられるような気持になる、そんな曲になったと思います。
ゲームをプレイする前と後で、また印象が変わるのではと思いますので、改めて曲を聞いてみていただけると嬉しいです。
あらためまして楽曲を制作してくださった藤田 淳平(Elements Garden)様、素晴らしい歌声で歌唱していただいたriya(eufonius)様、そして作詞いただいたごぉ様にも厚く御礼申し上げます。

ディレクター・kur

講評

フロントウイングは、デビュー以来「美少女ゲームソング」に力を入れてきたブランドとしても知られる。これまでも多くのシンガーを起用し、名曲と呼ばれる楽曲を送り出してきた。
そんな中で『ISLAND』の主題歌「Traveler's tale」は、パッと聞いただけではさほど派手さのない、それでいてこれから始まる物語にユーザーの想いを馳せさせる秀逸な楽曲ではないだろうか。美少女ゲームソングというのはPVに使われることもあり、キャッチーで、ユーザーの耳に強烈なインパクトを与えるものが最近では好まれているように思う。
そして「Traveler's tale」は「作品のオープニング」ということを強く意識して作られたのではないか。作品があり、この曲がある。そしてプレイすることで、歌詞の意味が見えてくる。楽曲クオリティーに加えて、そうした部分も、本作を評価する所以である。

(電脳妄想開発室 今)

オフィシャルサイトへ

アマツツミ

アマツツミ
オフィシャルサイトへ

金賞・主題歌賞

受賞コメント

このたびは主題歌賞受賞という栄誉を頂きまして誠にありがとうございます。
主題歌はそのゲームを表わす一つのシンボルでもあり、『アマツツミ』というゲームを知ってもらう最初の導入部分でもあります。
その重要な部分を評価してくださった皆様に感謝し、そして気持ちをこめ主題歌を歌いきって頂いた橋本みゆき様にも感謝を込め、コメントとして送らせて頂ければと思います。

講評

美少女ゲームソングというのは。他の楽曲ジャンルにはない、独自の魅力を持つ。そのひとつがデジタルなゲームサウンドと2000年前後のJ-POPサウンドの融合であるとすれば、『アマツツミ』主題歌「こころに響く恋ほたる」は、そのジャンルをまっすぐに推し進めてきたひとつの成果なのではないだろうか。
橋本みゆきののびやかなボーカルも印象的なメロディーと、それを支える打ち込みのリズムは、まさに「美少女ゲームソングらしい美少女ゲームソング」だろう。当然楽曲のクオリティーも高い。今日の流行ではないだろうが、それゆえの強靭さを感じる楽曲だ。
さらに本作では、挿入歌「コトダマ紡ぐ未来」の完成度やゲーム中での使い方への評価も高かった。主題歌賞であれば主題歌だけで判断すべきという向きもあるが、こうしたサウンド全般も評価して、本作に主題歌賞を贈る。

(電脳妄想開発室 今)