金賞・話題賞|萌えゲーアワード 2017年度 受賞作品一覧

金賞・話題賞

新妻LOVELY×CATION

新妻LOVELY×CATION

金賞・話題賞

受賞タイトルの中から、DMM.R18におけるダウンロード販売数が特に優れていたタイトルに株式会社DMM.com様より贈られます

受賞コメント

この度は弊社作品『新妻LOVELY×CATION』が話題賞を受賞とのことで、誠にありがとうございます。応援してくださったユーザーの皆様に、スタッフ一同心より御礼を申し上げます。

本作は「×CATION」シリーズの集大成であると同時に、なにかと挑戦が多い作品でした。結婚という題材に全力で向き合ったことで、作品規模もかつてなく大きくなり、様々な面で話題になる機会が多かったものと感じています。本気でユーザー様に結婚していただくつもりで取り組み、「VR結婚式」を実現できたことも、話題という点で大きかったかと思います。

結果として、これまで以上にたくさんのユーザー様から作品へのご意見を頂戴する機会にも恵まれました。これを今後に活かし、より魅力的な作品を生み出せるよう精進して参ります。今後とも、hibiki worksをよろしくお願いいたします。

講評

魅力的なヒロイン、一人ひとりとのイチャラブを突き詰めるhibiki worksの『~CATION』シリーズ。『新妻LOVELY×CATION』は、そのタイトル通り、ヒロインと結婚し、新婚ほやほやならでのイチャラブをメインに据えた一本だ。出会いから結婚までの『初恋編』、結婚してからの一年間の『新婚編』と二部構成になっており、そして本作が業界を騒がせたのはその間の「結婚式」を実際に開催してしまう、という企画。実際の結婚式場を舞台に、参加ユーザーはVRヘッドセットを装着。「E-mote VR」で動くヒロインと永遠の愛を誓う……。その突き抜けた内容は美少女ゲームメディア以外でも話題になったのだが、当時はVRに関する話題性はあっても、その広がりは見えていなかった時期。VRを装着している人としていない人とのギャップは今もこの分野の課題と思うのだが、細部にまでこだわった仕掛け・演出により、ユーザーがよりヒロインを好きになる企画は、美少女ゲームにふさわしい内容だろう。

(Game Headline 編集部 津田清和)

オフィシャルサイトへ

月影のシミュラクル -解放の羽-

月影のシミュラクル -解放の羽-
オフィシャルサイトへ

金賞・話題賞

受賞コメント

この度は『月影のシミュラクル-解放の羽-』に沢山のご投票をいただきまして、まことにありがとうございます。応援してくださった皆様のおかげで、話題賞をいただけたことを本当に嬉しく思います。

スマホの普及や娯楽の多様化により、パソコンを触るという機会が減りつつある時代の変化にあわせて、美少女ゲームの魅力の伝え方もまた変えていかなければならないと考え、完全無料のスマホ版の展開などを行いました。その結果、大変ありがたいことによりも沢山の方に作品のことを知っていただく機会にも恵まれ、話題賞をいただくこともできました。

あっぷりけはこれからも沢山の人に楽しんでいただけるゲームをお届けできるように、頑張っていきたいと思いますので、これからも何卒よろしくお願いいたします。

(ディレクター 憲yuki)

講評

スマートフォンのゲームを中心に無料+課金スタイルはすっかり定着している。この状況において最初にお金払うスタイルのみで美少女ゲームは大丈夫なのか、といった課題は近年、いくつもメーカーで話題となっていた。『月影のシミュラクル -解放の羽-』を展開したあっぷりけも以前から「最初に無料で公開して……という形」を模索しており、本作ではまず一般向けAVGとしてandroid、iOS、Windowsダウンロードで配信。その約四か月後、18禁要素を追加したパッケージ版を販売している。同じ時期に他メーカーでも、無料の一般向け&有料の18禁バージョンの同時リリース、本編を無料で公開し後日談をFDとして販売、PC版を購入するとスマホ版のDLコードが付属する、といった展開があった。パソコンにドライブがついていないのが当たり前となった今、DVDと一緒にコードを同梱したりダウンロード販売の時期を早めるメーカーが増えているが、それらとは異なるチャレンジとして、業界の動向という視点としても抑えておきたい。

(Game Headline 編集部 津田清和)